グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラントを飲んでみたよ【茶葉レビュー】

5.0

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラントと記事タイトル

筆者が日ごろ飲んでいる茶葉をきわめて主観的にゆるーくご紹介する、茶葉レビューのコーナーです。

第29回はグリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラントをレビューしてみます。

スポンサーリンク

どんなブランド?

グリーンサムは、横浜元町に店舗を構える、ハーブと魔女の専門店です。

グリーンサムは1985年 横浜元町に創業したハーブと魔女の専門店です。
自然の不思議をパワーとし、健康と深く関わってきた魔女はハーブを熟知したハーバリストです。
生活のあらゆる面で役立つハーブを知って、魔女のように愉快でパワフルに美しく生きることを提案します。

めくるめくハーブと魔女のハンドメイドワールド。

その世界観の作りこみたるや尋常でなく、お店に一歩踏み込めば、感嘆の声を上げずにいられません。

そんなハーブの専門店が送る「魔女の紅茶」、いったいどんなお茶なんでしょうか。

んにゃ~~

どんな茶葉?

今回レビューするのは魔女の紅茶・ブラックカラント、リーフティー70g入りです。

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラント パッケージ

パッケージ

パッケージはこんな感じ。素敵なエンブレムが目を惹きます。

上部に密閉チャックがついており、保存性に優れています。

2020年に購入したものなので、今はパッケージが変更になってるかもしれません。どうぞあしからず。

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラント 茶葉

茶葉

開封した途端、素晴らしいカシスの香りが広がります。

飲む前から「間違いなくおいしい!」と確信してしまうほど、いい香りです。

茶葉の形状はホールリーフ、産地はスリランカで、グレーがかった黒の茶葉に、ブラックベリーリーフがブレンドされています。

ドイツのティーブレンドをベースに、店主さんがハーブを加えて作っているのだそうです。

ストレートでいれる

蒸らし時間の記載はありません。

筆者は3~4分蒸らしていれています。

リーフティー(ルースティー)のいれ方については以下の記事をどうぞ。

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラント ストレート

ストレート

ベリーの甘酸っぱさが印象的な、非常にいい香りです。

香ばしい系よりはアロマ系に分類されますが、着香はきつくありません。

ナチュラルな香りで、心が落ち着き、安らぎます

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラント ストレート水色

ストレート 水色

水色は、これぞまさに紅茶!というような、明るく澄んだオレンジ寄りの赤色です。

透明感が抜群なので、ぜひ、底の浅いティーカップで楽しんでほしいです。

お味は極めてなめらか。

まろやかな旨みと、フルーティーな香りが口いっぱいに広がります

渋みや苦みはまったくなく、するする飲めます。

文句なしに上質な、大満足の一杯です。

ケーキと合わせる

まずは、華やかな香りとなめらかな味を活かして、ケーキと一緒に楽しんでみます。

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラント パティスリーのケーキと合わせて

パティスリーのケーキ二種と合わせた様子

鎌倉に本店を置くパティスリー・クグラパンのケーキ二種と合わせてみました。

言うまでもなく最高のティータイムでした!

ケーキ屋さんのおしゃれなケーキと合わせれば、約束された贅沢なひとときが楽しめます。

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラント カジュアルなケーキと合わせて

カジュアルなケーキ二種と合わせた様子

お次は、よりカジュアルな例をご紹介。

ラグノオのポロショコラと、カルディのしっとりチーズケーキと合わせてみました。

ケーキはホイップ、ミント、はちみつ、カシューナッツ、レーズンでデコレーションしています。

こういう、ひと手間かけた素朴なティータイムにもばっちり合うんだよ。

精神性としてはむしろ、こっちのほうがブランドの雰囲気に近いかもね♪

お菓子を手作りできる人はぜひ合わせてみてね。たぶんそれが一番ぴったり!

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラント 自家製レアチーズケーキと合わせて

自家製レアチーズケーキと合わせた様子

というわけで、手作りのお菓子と合わせてみました。

自家製のレアチーズケーキです。

このときはたまたま持ち合わせていなかったんですが、ミントがあれば完璧でしたね!

焼き菓子と合わせる

その他、焼き菓子にももちろん合います

バターたっぷりの焼きたてクッキーなど、考えただけでも最高ですが、今回は少し変化球を。

グリーンサムの魔女の紅茶・ブラックカラント ダックワーズと合わせて

ダックワーズと合わせた様子

源吉兆庵のダックワーズと合わせてみました。

さくさくしっとりの繊細な生地が、紅茶のていねいな印象とぴったりマッチします。

源吉兆庵といえば和菓子のお店ですが、最近は洋菓子の領域にも積極的に進出しているようです。

ダックワーズはまだあまり流通していないようですが、白桃フィナンシェなどはかなり定着してきましたね。

こんなときにおすすめ

  • ストレートがおすすめ!
  • ハーブ入りの上質なフレーバードティーが飲みたいときに
  • おもてなしや贈り物、日々の紅茶として
  • 手作りのお菓子と合わせて

キーワードは「ハーブ」と「魔女」。

魅力的なコンセプトと、紅茶としてのクオリティが両立した逸品です。

入手方法

横浜元町の店舗、もしくは直営のオンラインショップで購入できます。