とってもシンプル。家でおいしい紅茶をいれる5ステップ【リーフ編】

リーフの紅茶をいれるむんちゃんと記事タイトル

「ティーバッグになってない葉っぱそのままの紅茶をもらった。いれ方がわからない」

「家族全員分の紅茶をティーバッグでいれるのが大変。もっとラクな方法はない?」

「リーフの茶葉に挑戦したい! 最低限必要な道具って何?」

そんなあなたのためにこの記事を書きました。

葉っぱそのままの紅茶(リーフティー/ルースティー)をいれるのは、道具がいくつか必要なぶん、ティーバッグに比べて敷居が高く思われがちです。しかし難しいことはありません。たった五つのコツを押さえるだけで、誰でも簡単においしい紅茶をいれることができます。ほんとだよ!

お手元にリーフの茶葉はありますか? さっそくいれてみましょう。

用意するもの

  • 茶葉
  • 小さじ
  • ティーポット
  • やかん または 電気ケトル
  • タイマー
  • 茶こし
  • カップ

ティーバッグのときと比べて、必要な道具が少し増えていますね。以下、詳細をひとつずつご説明します。

茶葉

リーフティーやルースティーと呼ばれる、葉っぱそのままの紅茶ならなんでもOKです。缶に入っているものでも、袋に入っているものでも。

手元になければ買ってきてしまいましょう。スーパーや輸入食品店に普通に売っています。ちょっとした特別感を演出したければ、百貨店や商業施設の紅茶専門店へ行ってみましょう。

ちなみに、安物でも全然おいしくいただけます。大事なのはいれ方です。

以下のカテゴリーで筆者が個人的に気に入っている茶葉をご紹介していますので、ご興味があればぜひ。

茶葉レビュー
「茶葉レビュー」の記事一覧です。

小さじ

茶葉をはかるのに使います。計量スプーンでもいいし、気持ち大きめのティースプーンでもOKです。

ティーメジャーやティーキャディースプーンなんてしゃれたものをお持ちであれば、ぜひそれを使いましょう。紅茶の茶葉を計るためのスプーンです。ちなみに筆者は一度も使ったことありません。

ティーポット

耐熱ガラス製の丸いティーポットがおすすめです。

それ以外のティーポットでも問題なくいれられますが、透明な耐熱ガラスなら、抽出の様子が外から確認できます。あと軽いです。形は丸いほうが対流が生まれやすい(=茶葉が動いてしっかり抽出できる)と思います。

こちら、私が実際に愛用しているティーポットです。迷ったらこれを買っておけば間違いありません。おすすめです。

以下のようなおしゃれなティーポットは、できあがった紅茶を入れておかわり用にテーブルに置いておくという使い方がおすすめです。

やかん または 電気ケトル

お湯が沸かせて注ぎ口のあるものならなんでもよいです。電気ポットなど、保温して置いとく系のものはアウトです。

タイマー

蒸らし時間を計るのに使います。キッチンタイマーでもスマホのアプリでも、なんでも構いません。

正確に計りたいので、時計を見るよりタイマーを鳴らすのがおすすめです。カップ麺みたいなノリで大雑把にやると失敗しますのでご注意を。

茶こし

なるべく目の細かい茶こしがおすすめです。目が粗いと細かい茶葉がこしきれず通り抜けてしまい、えぐみの原因になります。

とはいえ、最初からそこまでこだわる必要はないかもしれません。まずはおうちにあるもので。なければキッチン用品店に行き、一番目の細かい茶こしを選んで買うとよいでしょう。

茶こしもいろいろな形がありますが、以下のような半球型の茶こしに取っ手がついたオーソドックスなものがおすすめです。

カップ

ティーカップでもマグカップでも、お好きなものでOKです。

おかわりを入れておく用のティーポットがないときは、容量の大きいマグカップがおすすめです。

いれ方

リーフティーをおいしくいれる手順は、シンプルにこれだけです。

  1. 水道水を沸かす
  2. 茶葉を計る
  3. 熱湯を注ぐ
  4. ふたをして蒸らす
  5. 茶こしでこす

これがそのまま、リーフティーをおいしくいれるための五つのコツになります。

この5ステップを押さえれば、ホテルのラウンジで飲むようなおいしい紅茶を自宅でいただくことができます。楽しみですね!

それではさっそくいってみましょう。

ステップ1:水道水を沸かす

やかんまたは電気ケトルに水道水を注いで沸かします。

水道水を注ぐというのが重要なポイントです。空気をたっぷり含んだ新鮮な水を使うとおいしくなります。
水の量は、ティーカップ2杯=マグカップ1杯=1人分として、人数分より気持ち多めに沸かしましょう。「気持ち多め」の理由は後ほどご説明します。

ステップ2:茶葉を計る

お湯を沸かしている間に茶葉を計ります。私は普段、大きめのティースプーン山盛り1杯=1人分として、人数分プラス1杯くらいで取っています。計った茶葉はティーポットに入れておきます。

紅茶のパッケージに分量が書いてあれば、まずはそれに従っていれてみましょう。飲んでみて必要だと思ったら、次回以降、茶葉の量を好みに合わせて調節しましょう。
このタイミングで、蒸らし時間を確認してタイマーをセットします。蒸らし時間についての詳細はステップ4でご説明します。

ステップ3:熱湯を注ぐ

お湯が沸いたら、ぼこぼこ沸騰している熱湯をすかさずティーポットに注ぎます。茶葉の上からどばーっといきましょう。やけどしないように気をつけてくださいね。

沸騰している熱湯をすかさず、というのが重要なポイントです。可能な限り100℃に近い熱湯を、1℃も下げないようなつもりで一気に注ぎましょう。

ステップ4:ふたをして蒸らす

熱湯を注いだら、すぐにティーポットにふたをして蒸らします。タイマーをスタートさせるのを忘れずに。

蒸らし時間は茶葉によって異なります。紅茶のパッケージに書いてあることが多いです。たとえば「3~5分」とあったら、まずは3分でいれてみて、好みによって追々調整していきましょう。

蒸らし時間がどこにも書いていないときは茶葉の形を見てみましょう。粉のように細かかったりフレーク状に粉砕されている場合は1分、細長くよじったような葉の形をしていたら3分くらいを目安に、一度試してみてください。次回以降、結果や好みに応じて調整していきましょう。

ふたをして蒸らすというのが重要なポイントです。時間をきっちり守るのも大切。ただしこちらは好みによって調節可能です。まずは書いてある時間通りにいれてみましょう。

ステップ5:茶こしでこす

時間になったらふたを開け、茶こしを通してティーカップやマグカップに注ぎます。

細かい茶葉がこしきれずえぐみが出るようであれば、より目の細かい茶こしを使ってみましょう。キッチン用品店などで一番目の細かい茶こしを買うのがおすすめです。
カップに注ぎきれない分は、おかわりを入れておく用のティーポットがあればそちらに注ぎます。ない場合は、抽出用のティーポットにそのまま残しておき、おかわりのときにあらためて注ぎます。

後者の場合、時間とともに抽出が進んで渋くなることがあります。そんなときは差し湯をする(=お湯をカップに注いで味を調節する)とよいでしょう。

以上でおいしい紅茶のできあがりです!

これやっちゃあかん

以上の5ステップを守ればおいしい紅茶をいれることができます。逆に、以下のようなことをするとまずい紅茶ができあがります。ご注意ください。

×保温しておいたお湯を使う

保温しておいたお湯を使うのはやめましょう。「くみたての水道水を使う」「100℃近い熱湯を注ぐ」という二つのポイントを破るので、非常に残念な結果になります。

×ミネラルウォーターを使う

ペットボトルのミネラルウォーターを使うのはやめましょう。一見気を使っていていいように思えますが、おいしい紅茶をいれるために必要なのは「空気をたっぷり含んだ新鮮な水」なのでアウトです。

×くみ置きした水を使う

やかんや電気ケトルに残っている水を使うのはやめましょう。「くみたての水道水を使う」というポイントを破ることになりますし、一度沸かした水は空気も抜けてしまっています。

×お湯を沸騰させ続ける

お湯を沸騰させ続けないようにしましょう。長時間沸騰させると空気が抜けてしまい、泥のようなひどい風味の紅茶ができあがります。ぼこぼこ沸騰し始めたら間を空けずにティーポットに注ぐようにしましょう。

×沸騰させたお湯を冷ます

お湯の温度はできる限り下げないようにしましょう。おいしい紅茶をいれるには「100℃近い熱湯を注ぐ」ことが大切です。ぐらぐらと沸騰している熱湯をすかさず注ぎましょう。

×ふたをしない

ティーポットに熱湯を注いだら必ずふたをしましょう。「ふたをして蒸らす」のが紅茶をおいしくいれるポイントです。

×蒸らし時間を守らない

蒸らし時間はきっちり守りましょう。たとえば、規定の蒸らし時間が1分の茶葉を3分も5分も蒸らし続けると、やたらと渋くえぐい風味になったりします。初回は決められた時間をしっかり守っていれましょう。それでもし好みに合わないなと思ったら、少しずつ蒸らし時間を調整してみるとよいでしょう。

×出がらしの茶葉をしぼる

茶こしでこす際、茶葉をしぼらないようにしましょう。えぐみや雑味のもとになります。あせらず茶液が自然に滴り落ちるのを待ちましょう。

余裕があったらもうひと手間

上でご紹介した5ステップよりは優先順位が低めですが、もし余裕があれば、こんなところに気を使うとさらにおいしくなるかもしれません。

茶器を温める

「ステップ2:茶葉を計る」のタイミングで、沸騰直前のお湯をティーポットやティーカップに少し注ぎ、茶器を温めましょう。温まったらお湯を捨て、計った茶葉をティーポットに入れます。

とにかくお湯の温度を下げないこと、限りなく100℃に近い熱湯でいれることがコツなので、そのための補助的なひと手間になります。

「ステップ1:水道水を沸かす」で、沸かす水の量を人数分より気持ち多めにしたのはこのためです。

最後の一滴まで注ぎきる

「ステップ5:茶こしでこす」のところで、茶液が滴るのをじっくり待ち、最後の一滴まで注ぎきりましょう。

紅茶を注ぐときの最後の一滴を「ゴールデンドロップ」といいます。最後の一滴までうまみが凝縮されているのでじっくり丁寧に注ぎきりましょう、ということなんだとか。

好みで蒸らし時間を調整する

初めての茶葉をいれるときは、必ず規定の時間通りに蒸らしましょう。その結果、なんかちょっと違うなーと思ったら、好みに合わせて蒸らし時間を調整してみましょう。

基本的には、蒸らし時間を短くすると薄くあっさり、長くすると渋くきつめの風味になってきます。

ちなみに、濃くいれたいときは蒸らし時間を長くするのではなく、お湯の量を減らすか茶葉の量を増やします。

好みでアレンジする

好みに合わせて、砂糖を入れたりミルクを入れたりといったアレンジをしてみましょう。

茶葉によっておいしい飲み方は変わってきます。ストレート(砂糖も何も入れない)がおいしいものもあるし、圧倒的にミルクティー向けのものもあります。茶液が黒に近い深い色をしていたら、ミルクを入れると本領を発揮するかもしれません。

ほかにも、たとえばいれた紅茶を1時間ほど放置して冷まし、氷を入れたグラスに注げばアイスティーになります。

はちみつやメープルシロップを入れてもおいしいし、レモンスライスやミントの葉を入れると見た目にも変化がつきます。

アレンジの仕方は無限大! 思いつくままにいろいろ楽しんでみましょう。

それでもおいしくなかったら

単純に、その茶葉が好みに合っていない可能性があります。

その場合、茶葉の種類を変えてみたり、ブランドを変えてみたりするのがよいでしょう。

また、同じ名前の茶葉でもブランドによって味がまったく異なります。たとえば「××のアールグレイはぴんと来なかったけど○○のアールグレイはおいしい!」といったことも普通にあります。

なので、どうやってもやっぱりおいしくないぞ?と思ったら無理せずほかの茶葉を試してみましょう。

まとめ

最後にもう一度、リーフティーでおいしい紅茶をいれる5ステップをおさらいしましょう。

  1. 水道水を沸かす
  2. 茶葉を計る
  3. 熱湯を注ぐ
  4. ふたをして蒸らす
  5. 茶こしでこす

リーフティーをいれるのは敷居が高そうに見えて、何人分ものたっぷりの紅茶を一気にいれられるので、実はとってもラクなんです。楽しみ方も格段に広がりますね。ティーバッグと上手に使い分けて、気ままな紅茶生活を満喫しましょう!

スポンサーリンク