アーマッドティーのイングリッシュブレックファストを飲んでみたよ【茶葉レビュー】

5.0

アーマッドティーのイングリッシュブレックファストと記事タイトル

筆者が日ごろ飲んでいる茶葉をきわめて主観的にゆるーくご紹介する、茶葉レビューのコーナーです。

第8回はアーマッドティーのイングリッシュブレックファストをレビューしてみます。

スポンサーリンク

どんなブランド?

アーマッドティーは1953年創業、ロンドン発の紅茶ブランドです。

高品質ながらお財布にやさしい価格設定で、数ある紅茶ブランドの中でもコスパのよさは随一。

世界的に広く展開しており、日本でも通販はもちろん、スーパーや輸入食品店などにわりと普通に並んでいます。

うちでは他にアールグレイイングリッシュアフタヌーンもレビューしてるよ。

よかったらそっちも読んでみてね!

どんな茶葉?

今回レビューするのはイングリッシュブレックファスト、ティーバッグ50袋入りです。

こちらの50袋入り、どうやら生産終了してしまったらしく、現在は入手が難しくなっています

20袋入りと100袋入りは引き続き、安定供給されています

上二つと、この記事で紹介してる50袋入りは、ティーバッグの仕様が異なります。詳しくは入手方法にて。

まずは50袋入りの仕様を紹介していくね。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト 外箱

外箱

お店では、上の箱にフィルムがかかった状態で売られています。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト 箱を開けた様子

箱を開けた様子

箱の中にティーバッグが直接ごそっと入っています。

ゴミが減る、手間が省けてラクなどの理由から、個人的には非常に好ましい仕様です。

それだけに、50袋入りの生産終了はとても残念です……。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト ティーバッグ

ティーバッグ

平たい丸型のティーバッグです。タグひもはありません。

中の茶葉は、粉末とまではいかないものの細かめに砕かれています。

ストレートでいれる

パッケージに「Infuse 3-5 minutes.(3~5分蒸らしてください)」とあるので、筆者は4分でいれています。

前は3分でいれてたんだけど、4分のほうがより好みの味になるって気付いたんだよね。

紅茶あるあるだね~。いろいろ試してみるの大事。

ティーバッグを使った紅茶のいれ方については以下の記事をどうぞ。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト ストレート

ストレート

もふっと広がるような、濃く深い香りがします。

ごくわずかに酸っぱさが感じられます。

特に真冬にリラックスできそうな香りです。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト ストレート水色

ストレートの水色

ストレートの水色は限りなく黒く、下手したらコーヒー並みです。

よく見ると赤みがかった深い茶色をしています。

味はというと、う、うーん……?

なんとも評価しにくいです。極めて濃く密度の高い味で、深い旨みが感じられますが、これ自体がおいしいわけではないというか……。

それもそのはず、これはイングリッシュブレックファストなのです!

ミルクと砂糖を入れる前提のブレンドだからね。ストレートだとちょっといまいち。

というわけで、さっさと本来あるべきミルクティーにしてしまいましょう。

ミルクティーにする

三温糖をティースプーン山盛り二杯入れ、成分無調整牛乳を適量注ぎます。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト ミルクティー

ミルクティー

ストレートのときとは一転、甘いお菓子のような香りに大変身します。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト ミルクティー水色

ミルクティーの水色

水色はきれいな明るいキャラメル色です。

一口飲んで思わず「ああ~~~おいしい~~~!」と声に出してしまうほどおいしいです。

味の濃さ、コク、旨み、どれをとっても最高です。

密度の高い濃い味と深い旨みが、砂糖とミルクを加えることで真価を発揮します。

どことなくほうじ茶ラテのような雰囲気もあります。

やさしいゆるふわ系っていうよりは、はっきりした風味と旨みでガツンと押してくる感じ。

その強さが眠気覚ましにぴったりなんだよ~!

まさしくイングリッシュブレックファスト、名前通りの味だね。

ヨーグルトと合わせる

筆者は上記のミルクティーを、毎朝一杯、いれて飲んでいます。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト ヨーグルトと合わせて

ヨーグルトと合わせた様子

ミルクティーと合わせて、レーズンやナッツ、メープルシロップやはちみつをトッピングしたヨーグルトを食べています。

朝のこのひとときが、リズムの整った一日を送るうえで欠かせません。

ちょくちょく他の紅茶に浮気もしますが、帰ってくるのはいつもアーマッドティーのイングリッシュブレックファスト。

私にとってのベスト・オブ・デイリーティーです。

お菓子と合わせる

もちろんお菓子とも相性抜群。

ビスケット、クッキー、チョコレートなど、あらゆるお菓子と合わせられます

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト ショートブレッドとチョコレートと合わせて

ショートブレッド、チョコレートと合わせた様子

ウォーカーのショートブレッドと、カレ・ド・ショコラの盛り合わせプレートに合わせてみました。

なんてハイカロリー。罪の味。最高です。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト 明太せんべいと合わせて

おせんべいと合わせてみた様子

変わり種としてはこんな組み合わせも。

黒糖ミルクティーにして、辛子明太子大型揚せんと合わせてみました。

ミルクティーの甘みと明太子の辛みがベストマッチでした。

後ほど詳しくお話ししますが、この紅茶、ありとあらゆるアレンジで楽しめます。

黒糖を入れてもとっても美味なんです。

サンドイッチと合わせる

トーストやサンドイッチなど、モーニング的な食事にもぴったりです。

なんせ名前がイングリッシュブレックファストですから、合わないはずがありません。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト サンドイッチと合わせて

サンドイッチと合わせてみた様子

ビーフパストラミとたっぷり野菜のサンドイッチと合わせてみました。

パンをトーストして、好きなものを好きなだけ挟んで、温かい紅茶といただく至福のひととき。

この上なく豊かな気持ちになれます。

アレンジを加える

シンプルにミルクと砂糖を加えるだけでも最高においしいですが、魅力はそれだけにとどまりません。

実はおそるべきポテンシャルを秘めた紅茶なんです。

それは、あらゆるアレンジを受け入れる懐の広さ

筆者がこれまでに試したアレンジを覚えている限り挙げてみると……

  • ミルク+三温糖
  • ミルク+三温糖+メープルシロップ
  • ミルク+三温糖+はちみつ
  • ミルク+黒糖
  • ミルク+黒糖+きなこ
  • ミルク+三温糖+塩+バター
  • ミルク+三温糖(アイスティー)

これが全部おいしいという、わけわからん汎用性の高さ!

もう牛乳と甘みさえあればなんでもおいしくなるんじゃないか、というレベルです。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト メープルミルクティー

メープルミルクティー

なかでもこの「ミルク+三温糖+メープルシロップ」は至高のアレンジです。

ぜひお試しください。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト バターミルクティー

バターミルクティー

こちらはバターミルクティーにしたときの様子。

通常通りいれたミルクティーに、砂糖適量、塩ひとつまみ、バターひとかけを加えます。

塩気を足すの!?と驚かれるかもしれませんが、これがなかなかどうしておいしいんです。

コクのあるスープのような感覚でおいしくいただけます。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト アイスミルクティー

アイスミルクティー

アイスミルクティーにしたときの様子がこちら。

通常通りいれたストレートティーに、砂糖を適量溶かし、常温で冷まします。
氷を入れたグラスにミルクとともに注いだら、おいしいアイスミルクティーのできあがり!

ちなみに上の写真では、その日の気分に合わせて、氷抜きでぬるめにしています。

こういう細かいカスタマイズができるのがおうち紅茶のいいところです。

ゼリーにする

汎用性の極致ともいえる画像がこちら。

アーマッドティーのイングリッシュブレックファスト 練乳がけゼリー

クラッシュゼリーにして練乳をかけた様子

ゼリーにしました。

通常通りいれたストレートティーに、ゼラチンを加えて冷やし、荒く砕いて練乳をかけます。

ガツンと濃厚な紅茶の風味が鮮烈!

市販や店売りでは味わえない、手作りならではのおいしさですね。

上の写真ではゼリーは無糖、甘みは練乳のみですが、ゼリーにもある程度甘みをつけておいたほうがよりおいしいと思います。

こんなときにおすすめ

  • ミルクティーがおすすめ!
  • 毎朝の一杯に
  • ヨーグルト、お菓子、サンドイッチと合わせて
  • いろんなアレンジを楽しみたいときに

おいしさ、汎用性の高さ、手ごろな値段、入手しやすさ。総合的に、今一番おすすめしたいミルクティー向けブレンドです。

入手方法

本記事でご紹介したティーバッグ50袋入りは、現在は入手が難しくなっています

ブランドの公式サイトにも情報が載っていないため、どうやら生産終了してしまったようです。

20袋入りと100袋入りは引き続き、安定供給されています

各種通販サイトや、成城石井などの輸入食品店で購入できます。

20袋入りと100袋入りは、個包装のタグ付きティーバッグとなっています。

本記事でご紹介した仕様とは異なりますのでご注意ください。