常温放置で冷ますだけ!自宅でアイスティーを作るための5ステップ

アイスティーのグラスを持つむんちゃんと記事タイトル

夏場に飲みたくなる涼しげなアイスティー、実は自宅で簡単に作れます

カフェに行かなくても、チルドで我慢しなくても、香り高いアイスティーがおうちで楽しめちゃうんです。

特別な道具は必要ありません。ティーバッグで作れます

さっそく今から作ってみましょう!

スポンサーリンク

はじめに

ご紹介するレシピについて

この記事では、趣味で紅茶をのんびり楽しんでいる筆者が、うちではこんなふうにアイスティーを作ってるよ、というのをゆるーい感じでご紹介しています。

一口にアイスティーと言っても、作り方はいろいろあります。

ここでご紹介するのは、

  • 家庭で簡単に作れて
  • 味が薄まらず
  • おうちで楽しむにはじゅうぶんすぎるほどおいしい

そんなレシピになります。

筆者があれこれ模索して最終的にたどり着いた、とってもシンプルな作り方です♪

にゃ。

用意するもの

  • ティーバッグ
  • ティーポット
  • やかん または 電気ケトル
  • タイマー
  • グラス

以下、ひとつずつ詳しく見ていきます。

ティーバッグ

お好きなティーバッグでOKです。

ティーポット

ティーポットならなんでもよいです。

筆者が愛用しているティーポットはこちらです。

マグカップとかでも作れることは作れます。ただ、最終的にグラスに注ぐので、注ぎ口があるティーポットのほうが便利です。

やかん または 電気ケトル

お湯を沸かせればなんでもよいです。

筆者が愛用しているやかんはこちらです。

タイマー

蒸らし時間を計るのに使います。

正確に計りたいので、時計ではなくタイマーがおすすめです。

グラス

お好きなグラスでOKです。

ご家庭の冷蔵庫で作った氷でOKです。

作り方

おいしいアイスティーを作る5ステップはこちらです。

  1. 水道水を沸かす
  2. 熱湯を注ぐ
  3. ふたをして蒸らす
  4. 常温放置で冷ます
  5. グラスに注ぐ

つまり、普通にいれたホットティーを常温放置で冷ますだけ

これ以上ないほどシンプルだけど、「常温でしばらく冷ます」っていうのが実はポイントなんだよね。

そう! そうすると薄まらずに、見た目もキレイに仕上がるんだよ~。

ステップ1:水道水を沸かす

アイスティーの作り方 ステップ1

やかん、または電気ケトルで水道水を沸かします

注ぎたての水道水を使いましょう。おいしい紅茶には、空気をたっぷり含んだ新鮮な水が欠かせません。

ステップ2:熱湯を注ぐ

アイスティーの作り方 ステップ2

ティーポットにティーバッグをセットし、沸騰中の熱湯をすかさず注ぎます

量は、ティーバッグ1個あたり200mlをめやすに、お好みで調整してください。

沸騰中の熱湯を注ぐのが、紅茶をおいしくいれるコツです。お湯が沸いたら、温度を1℃も下げないつもりですかさず注ぎましょう。

ステップ3:ふたをして蒸らす

アイスティーの作り方 ステップ3

ティーポットにふたをして、タイマーをセットし、蒸らします

蒸らし時間は茶葉によって異なります。

ティーバッグのパッケージに記載があればその通りに、記載がなければ、とりあえず3分くらいから試してみてください。

ふたをしてしっかり蒸らすこと、蒸らし時間を守ること、どちらも紅茶をおいしくいれるための大切なポイントです。蒸らし時間は、はじめは書いてある通りにいれてみて、二回目以降、好みに合わせて調整するとよいでしょう。

ステップ4:常温放置で冷ます

アイスティーの作り方 ステップ4

ティーバッグを取り出し、ふたを開けたまま、常温放置で冷まします

紅茶を常温まで冷ますことで、氷が溶けすぎて味が薄まってしまうのを防ぎます。クリームダウンも起きにくくなります。

クリームダウンは、紅茶が冷えて色が濁る現象のこと。味に変わりはないんだけど、見た目が悪くなるから、できれば避けたいね。

冷蔵庫に入れて冷ますと高確率でクリームダウンするけど、筆者の経験上、常温放置ならほぼ大丈夫!

ちなみに、クリームダウンのしやすさは茶葉によっても異なります。実験のつもりでいろいろ試してみるといいかも。

作る量にもよりますが、大体1~2時間ほどで冷めます。

注ぎ口のあるボウルやミルクパンに移し替えると、より早く冷ませます。

筆者が愛用しているミルクパンはこちらです。

ステップ5:グラスに注ぐ

アイスティーの作り方 ステップ5

氷を入れたグラスに注ぎます

可能であれば、大きめの氷がおすすめです。溶けにくいので紅茶が薄まりにくく、冷たさも長持ちします。

アイスティーの作り方 完成

以上で、おいしいアイスティーのできあがりです!

これやっちゃあかん

次のようなことをすると残念な味になりますので、ご注意ください。

×保温したお湯でいれる

おいしい紅茶をいれるには「100℃の熱湯を注ぐ」=「沸騰中のお湯を注ぐ」必要があります。

×くみ置きの水を沸かしなおす

おいしい紅茶に必要なのは「空気をたっぷり含んだ新鮮な水」なのでアウトです。

×ミネラルウォーターを使う

おいしい紅茶に必要なのは「空気をたっぷり含んだ新鮮な水」なのでアウトです。

×お湯を沸騰させ続ける

お湯の中の空気が抜け、ひどい風味の紅茶ができあがってしまいます。

沸騰し始めたら、間を空けずにすかさず注ぎましょう。

×沸騰させたお湯を冷ます

おいしい紅茶をいれるには「100℃の熱湯を注ぐ」必要があります。

温度を下げないよう、沸騰中のお湯をすかさず注ぎましょう。

×ふたをしない

「ふたをして蒸らす」のが紅茶をおいしくいれるポイントです。

×蒸らし時間を守らない

たとえば、規定の蒸らし時間が1分の茶葉を、3分、5分と蒸らし続けると、渋みやえぐみが出てしまうことがあります。

はじめは規定の時間通りにいれて、二回目以降、必要に応じて調整するのがよいでしょう。

×ティーバッグをしぼる

雑味の原因になります。

蒸らし終わったら、ティーバッグを軽くゆすって、静かに引き上げましょう。

ちなみに、カレルチャペックなど、しぼることを推奨しているブランドもあるんだよ! そんなときはぜひ、ブランドのおすすめ通りにやってみてね。

×氷の上に熱い紅茶を注ぐ

氷があっという間に溶けて、紅茶が薄まり、ぼんやりした味になってしまいます。

常温放置で冷ましてから注ぎましょう。

オンザロック方式とか、急冷方式とか、アツアツの紅茶を一気に冷やす作り方も、確かにあるんだけどね。

経験上、なかなかうまくいかないんだよね……。家庭用冷凍庫の限界かなーと思ってる。

市販のかち割り氷ならあるいは、って感じだね。

余裕があったらもうひと手間

余裕があれば、こんなところに気を使うとさらにおいしくなるかもしれません。

ティーポットを温める

あらかじめ、ティーポットにお湯をくぐらせて温めておきましょう。

湯温をなるべく下げないための補助的なひと手間になります。

茶液をじっくり出しきる

蒸らし終わったあと、ティーバッグをすぐに引き上げず、ティーポットのふちに寄せてじっくり待ち、滴る茶液を出しきりましょう。

紅茶を注ぐときの最後の一滴を「ゴールデンドロップ」といいます。

最後の一滴まで旨みが凝縮されているので、じっくりていねいに注ぎきりましょう。

蒸らし時間を調節する

好みに合わせて、蒸らし時間を調整してみましょう。

いろいろ試して変化を楽しんだり、一番おいしいタイミングを研究してみるのも面白いですよ。

ちなみに、濃くいれたいときは、蒸らし時間はそのままで、お湯の量を減らすか、ティーバッグを増やすといいよ!

アレンジする

牛乳を加えてアイスミルクティー、輪切りのレモンを添えてアイスレモンティーなどなど、自由なアレンジを楽しみましょう。

甘みをつけたいときは、ガムシロップを加えるか、冷める前に砂糖を加えて溶かしましょう。

それでもおいしくなかったら

単純に、その茶葉が好みに合っていない可能性があります

茶葉の種類を変えてみたり、ブランドを変えてみたりするとよいでしょう。

また、同じ名前の茶葉でも、ブランドによって味がまったく異なります。

たとえば「××のアッサムはいまいちだけど、○○のアッサムはおいしい!」といったことも普通にあります。

どうやってもやっぱりおいしくないぞ?と思ったら、無理せず、ほかの茶葉を試してみましょう。

まとめ

最後にもう一度、自宅でおいしいアイスティーを作るための5ステップをおさらいしましょう。

  1. 水道水を沸かす
  2. 熱湯を注ぐ
  3. ふたをして蒸らす
  4. 常温放置で冷ます
  5. グラスに注ぐ

作りたてのアイスティーって、香りも味もくっきりしてて本当においしいんだよね♪

普通にいれて冷ますだけ! 簡単&お手軽なので、ぜひいろいろ作って楽しんでみてね。