ルピシアのケニルワースを飲んでみたよ【茶葉レビュー】

ルピシアのケニルワースと記事タイトル

筆者が日ごろ実際に飲んでいる茶葉をきわめて主観的にゆる~くご紹介する、茶葉レビューのコーナーです。

第2回はルピシアのケニルワースをレビューしてみます。

どんなブランド?

ルピシアは日本発のお茶のブランドで、紅茶、日本茶、烏龍茶、ハーブティーなど、さまざまな種類のお茶を取り扱っています。歴史はまだ20年少々と浅いですが、軽やかなブランドイメージと確かな安全性を売りに、2018年10月現在、日本全国に150以上の店舗を構えています。駅ビルや百貨店など大きめの商業施設にはだいたい入っている、今もっとも身近なティーブランドのひとつです。

【LUPICIA】世界のお茶専門店 ルピシア 〜紅茶・緑茶・烏龍茶・ハーブ〜
ルピシアでは旬の紅茶、緑茶、烏龍茶はもちろん、オリジナルのブレンドティー、フレーバードティーなど、世界中のお茶をご紹介しております。お茶の種類や決まったスタイルにとらわれず、世界に向けて新しい自由なお茶の文化を発信してまいります。おいしいお茶との出合いをどうぞお楽しみください。

お値段はスーパーで手に入るようなものよりは高めですが、高級すぎないカジュアル路線で、気軽な贈り物にぴったりの絶妙な価格設定になっています。日々の生活で常飲するのにもよいでしょう。

どんな茶葉?

今回ご紹介するケニルワースは紅茶のブレンドです。リーフティー(ティーバッグになっていない茶葉のままのもの)を買いました。グレード(形状)はフルリーフ。葉っぱを砕かずそのままよじったようなやつですね。50g袋入りで510円です。

ケニルワース - 50g S 袋入 KENIL WORTH, BOP1
とてもフルーティーな香りの、くせがなく飲みやすいストレート向きの紅茶。
ルピシアのケニルワース 茶葉

茶葉を小皿に取った様子

茶葉自体がすでにとてもいい匂いです。甘く香ばしい香りが漂います。上の写真だとほとんど黒に見えますが、実物は茶色っぽい黒という感じです。

ストレートでいれる

パッケージには「浸出時間2-3分」とあったので、私は3分でいれました。

リーフティーのいれ方については以下の記事をどうぞ。

とってもシンプル。家でおいしい紅茶をいれる5ステップ【リーフ編】
「ティーバッグになってない葉っぱそのままの紅茶をもらった。いれ方がわからない」 「家族全員分の紅茶をティーバッグでいれるのが大変。もっとラクな方法はない?」 「リーフの茶葉に挑戦したい! 最低限必要な道具って何?」 ...
ルピシアのケニルワース 抽出中の様子

抽出中の様子

みるみる染み出してくる明るい赤茶、実にいい色です。わくわく。

ルピシアのケニルワース ティーカップに注いだ様子

ティーカップに注いだ様子

ティーカップに注ぐとこんな感じ。フルーティーな甘い香りがふんわか広がります。水色はオレンジがかった赤茶色で、これぞ紅茶といった趣です。

ルピシアのケニルワース 水色

ストレートの水色

カーテンを閉めきった室内で撮影したのでやや色が沈んでいますが、たとえば日差しの降り注ぐお昼時なんかであれば、相当明るくクリアに見えるはずです。

舌触りは甘め。軽やかながら紅茶らしいコクと旨みが感じられます。

メーカーはストレートで飲むのを推していますが、まさしくその通りの茶葉だと思います。砂糖も何も入れずそのままが一番おいしい、そんなシンプルな紅茶です。

ルピシアのケニルワースをブルーベリージャムと一緒に

ブルーベリージャムと合わせてロシアンティーもどき

この日は手元にあったおいしいブルーベリージャムと合わせて、ロシアンティー的な何かを楽しみました。

せっかくなのでジャムのご紹介もしてしまいましょう。群馬県川場村にある果樹園カフェ、ティア・ツリーの自家製ブルーベリージャムです。原材料は果実と砂糖だけと極めてシンプル。その鮮烈なおいしさに驚きます。おいしいジャムを求めている方はぜひ。

- 群馬県川場村にある 里山の果樹園カフェです。
ティア・ツリーは群馬県川場村にある 里山の果樹園カフェです。自家農園で育てた農産物を加工したジャムや農産物の津新販売も行っております。

アイスティーにする

この日はもう十月だというのに夏日……というわけでアイスティーを作ってみました。上でいれたホットの茶液を一時間ほど放置して冷まし、氷の入ったグラスに注ぎます。

ルピシアのケニルワース アイスティー

アイスティーにした様子

コンビニのロックアイスを使えば透明感があってより綺麗なんでしょうが、そこはゆるてぃーどっとこむ、自宅の冷凍庫で凍らせたフツーの氷を使います。

グラスにいれると水色の深みが際立ちますね。味も濃く感じます。ストレートのアイスティーでは濃厚な香りと旨み、ほんのりとした甘みを味わうことができました。

アイスミルクティーにする

味が濃く感じるということはミルクティーにしてもおいしいのでは?という思いつきで作ってみました。

ルピシアのケニルワース アイスミルクティー

アイスミルクティーにした様子

本当はガムシロップとか、少量のお湯で溶いたはちみつを使えばスマートなんでしょうが、そこはゆるてぃーどっとこむ、三温糖をひとさじ放りこみ気合で溶かします。牛乳を適量加えてできあがり。

ほんのりキャラメルっぽい風味になりました。ストレートの状態ではあんなに濃く感じたのに、飲み口はかなりあっさり。真夏にごくごく飲むのにぴったりのアイスミルクティーでした。

もしもっとコクのあるミルクティーを作りたければ、最初に茶液を濃いめに作るのがいいかもしれませんね。

こんなときにおすすめ

  • ストレートがおすすめ!
  • 癖のない「いわゆる紅茶」を飲みたいときに
  • フルーツやケーキなど、デザートのおともに
  • アイスティーを作りたいときに

以上、ルピシアのケニルワースのレビューでした。

ケニルワース - 50g S 袋入 KENIL WORTH, BOP1
とてもフルーティーな香りの、くせがなく飲みやすいストレート向きの紅茶。
スポンサーリンク