トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュを飲んでみたよ【茶葉レビュー】

5.0

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュと記事タイトル

筆者が日ごろ飲んでいる茶葉をきわめて主観的にゆるーくご紹介する、茶葉レビューのコーナーです。

第7回はトップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュをレビューしてみます。

スポンサーリンク

どんなブランド?

トップクオリティー(TopQualiTea)はインドの紅茶ブランドです。

Pekoe International

運営会社はピコーインターナショナル(Pekoe International)、創業は1997年です。自社の茶園で有機栽培を行い、高品質な紅茶を製造、販売しています。

ニューデリーに店舗を構え、外国人観光客をメインターゲットとしています。

筆者も2017年秋のインド旅行の際、ガイドさんの案内でこちらのお店を訪れました。流暢な日本語でていねいに接客をしてくれます。

訪れたのはR.K. Puramの店舗です。こぢんまりとしたお店ですが、紅茶のパッケージや公式サイトのお問い合わせにはこちらの住所が掲載されているので、本店的な立ち位置なのだろうと思います。

どんな茶葉?

今回レビューするのはピュアダージリンティーファーストフラッシュ(First Flush Pure Darjeeling Tea)、リーフティーです。

控えるのを忘れてしまったため量は不明です。おそらく50g程度だと思います。

ゆるいな。

安心安定のゆるさでお届けしていく、それがゆるてぃーどっとこむです♪

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ 巾着袋

刺繍入りの巾着袋

こんなきれいな巾着袋に入っています。贈り物にぴったりですね!

色違いの5個セットを買うとおまけでもう1個サービス、みたいな売り方でした。お値段はもうすっかり忘れてしまいましたが、インドで買うには高く、日本で買うよりお手頃、くらいの価格でした。

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ 内袋

巾着袋の中の紙袋

巾着袋の中には紙袋が入っています。この中にさらにアルミの内袋があって、そこに茶葉が詰まっています。

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ 茶葉

茶葉

まさしくダージリンファーストフラッシュ!というような、緑がかったホールリーフの茶葉です。青々としたいい香りにさっそくリラックスしてしまいます。

豆知識

ダージリンとはインドのダージリン地方で生産される紅茶のことです。その中でも春に収穫されたものをファーストフラッシュと呼びます。青っぽい爽やかな香りと、軽やかな淡い水色が特徴です。

ホールリーフとは、砕いたり成形したりしていない、葉っぱの形がそのまま残った茶葉のことです。フルリーフとも呼ばれます。

すごく大まかに言うと、茶葉が大きいと香りが豊かで、茶葉が小さいと早く濃く出る、みたいな傾向があるね。

ダージリンとして売り出されてる茶葉ってだいたいホールリーフな気がするけど、やっぱり香り重視の紅茶だからなのかな。

たぶんね。あとは高級感とか印象とか、ニーズの問題もあるかも。

ストレートでいれる

蒸らし時間の記載はありません。私は3分でいれています。

リーフティーのいれ方については以下の記事をどうぞ。

とってもシンプル。家でおいしい紅茶をいれる5ステップ【リーフ編】
トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ 抽出中の様子

蒸らしている様子

熱湯を注ぐと青々とした香りに香ばしさがプラスされ、ぶわっと勢いよく広がります。この瞬間がたまらなく好きです。

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ ストレート

ストレート

一口飲むと、ふわっと優雅な香りが口いっぱいに広がります。

穏やかながら清々しい味わいです。豊かな旨みとあっさりした口当たりが両立しています。苦みや引っかかりはなくするする飲めます。

筆者は毎朝ミルクティーを飲んでいるので、舌がミルクティー向けの強い味になじんでいるのですが、その状態でこういう紅茶をいただくと本当に新鮮! 非常においしく感じます。

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ ストレート 水色

ストレート 水色

水色は透明度と彩度の高い軽やかなオレンジブラウンです。ダージリンファーストフラッシュの中では比較的濃いめの色でしょうか。

このお茶はもう間違いなく、砂糖もミルクも入れないストレートが一番でしょう。より正確に言うと、ストレートの味と香りに満足しすぎて、何か入れようという気になれないので試せません。

焼き菓子と合わせる

アレンジは一切しない分、いろいろなお菓子を合わせて楽しんでいます。隣に甘いものがあると香りの調和が素晴らしいです。

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ ビスケットと合わせて

ビスケットと合わせた様子

こちらは東ハトのキャラメリッチサンドと合わせたときの様子です。

その辺のスーパーで買える気楽なお菓子ですが、ヌガーっぽい甘さとダージリンのすっきりした味わいがベストマッチ! 地味におすすめです。

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ クッキーと合わせて

クッキーと合わせた様子

頂き物のクッキーと合わせてみました。

言わずもがなよく合います。クッキーやスコーンなど、ぼそぼそした小麦粉系の焼き菓子と紅茶の組み合わせは至高ですね。

ジャムと合わせる

ボリュームをおさえて楽しみたいときはこんな組み合わせも。

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ ジャムと合わせて

ブルーベリージャムと合わせた様子

サンダルフォーのブルーベリージャムと合わせてみました。ジャムをスプーンで少しずつ食べながら紅茶をいただきます。

ジャムは紅茶に入れず、お茶うけとして食べるのがポイント!

日本ではロシアンティーって呼ばれてる楽しみ方だね。

紅茶とジャム、それぞれがしっかりおいしくなければ成り立たない、シンプルながら上質なティータイムです。

サンダルフォーのジャムは流通量が多くて入手しやすく、それでいてとても美味! おすすめです。

ケーキと合わせる

もちろん、クリームたっぷりのスイーツとも相性抜群です。

トップクオリティーのピュアダージリンティーファーストフラッシュ ミルクレープと合わせて

ミルクレープと合わせた様子

市販の低糖質ミルクレープと合わせてみました。

上のはごく安いケーキですが、デパートで贈り物用に買うようなケーキと合わせても、まったく引けを取らない味と香りです。

一方で、ここまでご紹介してきたようにカジュアルにもよく合うという、実に万能な紅茶です。高品質でありながら気取りすぎない感じが最高です。

こんなときにおすすめ

  • ストレートがおすすめ!
  • 質のよいオーソドックスなダージリンが飲みたいときに
  • インド旅行のお土産として
  • カジュアルにもおもてなしにも

入手方法

筆者は2017年9月20日、インド旅行中にニューデリーの店舗で購入しました。

Pekoe International

↑オンラインショップもありますが、国外配送が可能かどうかは不明です。基本的には旅のお土産ということになるのかなと思います。

こういう一期一会なところもまた、紅茶の魅力だね。

関連記事

お店の様子については、姉妹ブログ「はじめてのインド旅行!」にてちょこちょこご紹介しています。ご興味ありましたらあわせてどうぞ。

実は紅茶の超本場!インド旅行でチャイとインド紅茶を楽しもう | はじめてのインド旅行!
2017秋・四泊五日北インド弾丸ツアー旅行記(横浜~成田~デリー編) | はじめてのインド旅行!
学校や職場へのお土産はどこで買う?インド旅行のお土産事情 | はじめてのインド旅行!