密やかな隠れ家カフェで紅茶を味わう。新潟 シュガーコート【カフェレビュー】

シュガーコートの外観と記事タイトル

どこにでもあるチェーン店からこだわりの個人カフェまで、コーヒーが売りのお店は多々あれど、なぜか少ない「紅茶のおいしいお店」。

ペットボトルティーじゃない、ティーバッグを浸した色つきのお湯でもない、ちゃんとおいしい紅茶が飲みたいんだー!と夕日に向かって叫んだことのある人は多いはず(?)

このシリーズでは、筆者が実際に訪れた紅茶のおいしいお店をゆるーくご紹介していきます。おもに神奈川県から東京都内にかけてのエリアが中心になります。

第9回も新潟のお店をご紹介。新潟市中央区の隠れ家カフェ、シュガーコートをご紹介します。

スポンサーリンク

魔女の家に迷いこんだかのような世界観

シュガーコートは新潟市中央区の西堀通にある個人経営のカフェです。紅茶と手作りのお菓子・お食事をコンセプトとしたお店です。

紅茶と手作りお菓子のお店 SugarCOAT/シュガーコート

個人的に、公式サイトから受ける印象と実際のお店の印象には、かなりギャップがあるように感じます。

サイトでは華やかでヨーロピアンな雰囲気が前面に押し出されていますが、実際のお店の雰囲気を一言で表すならば“魔女の家”

「西の魔女が死んだ」という映画をご存知でしょうか。ちょうどあんな感じです。あれの和風古民家バージョンのような。

何の変哲もない街中に突如現れる、こぢんまりとした異空間。一歩踏み込んだらそこはオーナーさんの世界。静けさ、木の家、植物、花、お菓子に紅茶。

さっそく迷いこんでみましょう。

生い茂るグリーンがお出迎え

シュガーコート 外観

外観

外観はこんな感じ。こぢんまりとした二階建てのお店です。

シュガーコート 外観別角度

外観を別の角度から

味わいのある古民家に、生い茂るグリーン。すでにただならぬ雰囲気が漂っています。なんだかどきどきしますね。

入店直後、口頭で注文?

足を踏み入れて、まず目に留まるのはカウンター席とキッチン。常連さんらしきお客さんと、オーナーさんらしき女性がいました。

こんにちは~。

オーナーさん「ランチですか?」

はい、そうです。

オーナーさん「えーとね、予約なしだと、お料理とデザートと紅茶のおまかせランチね。1,200円。それでいい?」

(選択肢がない!?)はい、それでお願いします。

オーナーさん「紅茶は何にする?」

何がありますか?

そこから怒涛の口頭説明&チョイス。ホットかアイスか、フレーバードティーか普通の紅茶か、ストレートかミルクか、煮出しミルクティーか英国式ミルクティーか。そうして絞ったなかからさらに、どの茶葉にするか。

言われるがままに答えていき、気づいたら注文が完了していました。入口に立ったまま口頭で。

しょっぱなからお店の個性が大爆発! 洗礼を受けたような気分です。

お料理は気まぐれ?

筆者はとある事情で豚肉が食べられないので、その旨伝えたところ、

「うーん、お料理は一種類だから……。今日はチキンね」

対応してくれたのかたまたまだったのか、なんとも判別がつきません。

そしてこのあと入ってきた別のお客さんには、私のお料理とは全然別のパスタが出されていました。いわく、チキンのお料理がもうなくなってしまったとか。

そんな具合に、お店は完全にオーナーさんのペース。愛想を振りまくことなく、のんびり気まま。もしかしたらお料理も、その日その場の気まぐれなのかもしれません。

雰囲気満点の古民家空間

席はご自由にとのことなので、いい感じの場所を探しつつ、店内を探索してみました。

シュガーコート 店内1F

一階奥のテーブル席

一階の奥に四人掛けのテーブル席がひとつ。急な木の階段を登った先に二階席があります。

シュガーコート 店内2F

二階の客席

おお~、これはまた雰囲気たっぷり!

静かだし、迷いこんだ感がすごいよ……!(どきどき)

部屋は薄暗く、窓からの自然光で照らされています。古く、しかしよく手入れされたていねいな空間。非日常の空間に迷いこんでしまったかのようです。

シュガーコート 店内2F 階段側

二階、階段側

シュガーコート 2F客席

二階のテーブル席

シュガーコート 2Fカウンター席

二階のカウンター席

窓の向こうには車道と、近代的な複合ビル。周囲は地方都市らしい商店街。

何の変哲もない日常から、壁一枚、窓一枚隔ててこの空間が存在するというすごさ。伝わるでしょうか……。

シュガーコート 壁面のディスプレイ

壁面に飾られたグリーン

店内にはそこかしこにささやかなグリーンが飾られています。

シュガーコート カウンター席のシュガーポット

カウンター席のシュガーポットとグリーン

静かで穏やかな、なんとも美しい光景です。

シュガーコート カウンター席のグリーン

カウンターの隅のグリーン

きょろきょろしていると、オーナーさんがテーブルの支度をしに上がってきました。

「あら。明かり点ける?」

そう言って、席の上にぶら下がった照明に手を伸ばし、パチッとスイッチを入れてくれました。

シュガーコート リースの照明

リースの照明

その照明がまた素朴で可愛らしいんですよね。ドライフラワーか何かのリースで囲われていました。

砂糖は二種類、自由に使える

シュガーコート お花とシュガーポット

シュガーポットとお花

紅茶に入れるお砂糖は、ブラウンシュガーかグラニュー糖が選べます。

テーブルにシュガーポットが置いてあり、上記のどちらかが入っています。好きに移動させて使ってよいそうです。

シュガーコート ブラウンシュガー

ブラウンシュガー

オーナーさんのおすすめはブラウンシュガー。筆者もこちらを使ってみることにしました。

飾り気のないていねいな紅茶がおいしい

紅茶は「英国式ミルクティー、ホット、着香なしの普通の紅茶、茶葉おまかせ」で注文したところ、ウバが出てきました。地元の紅茶屋さんのものを仕入れているとか。

茶葉はポットに入ったまま提供されます。ティーストレーナーを通してカップに注ぎます。

ストレートで飲んでみると、極めて心地よい絶妙な渋みと豊かな旨みが味わえます。香ばしく、それでいてスーッとするいい香りです。ていねいに淹れられた、非常においしい紅茶でした。

ブラウンシュガーを入れると、今まで飲んだことのない味に驚きました。鼻に抜ける香り、クールで渋くてかっこいい味という印象です。

ミルクを入れると軽やかなミルクティーに変身。コクがあって濃厚、というのとは趣が異なります。

なんというか、このお店の雰囲気にすごく合う味……!

うん。飾り気がなくてシンプルな素朴な紅茶。おいしいね!

量はティーカップ二杯ちょっとくらい。多すぎず少なすぎず、ちょうどよい量でした。

手作りの素朴なお料理を味わう

シュガーコート おまかせランチ

おまかせランチの料理と紅茶

お料理はチキンと野菜の煮込みと、バゲットが四切れ。バゲットにはなすのパテと、バナナとキャラメルのジャムが塗られています。量としては少なめです。

お味はというと、素朴! いい意味で本当に素朴です。

味付けは最小限。非常に繊細な、素材の味を活かした優しいお料理です。久しぶりにこういうおいしさを味わいました。普段、いかに味が濃く、主張の強い食事ばかりとっているかを思い知ります。

なんだかとてもていねいな気持ちになっていきます。

デザートも甘すぎず自然なお味

シュガーコート おまかせランチのデザートプレート

おまかせランチのデザートプレート

デザートプレートが運ばれてきたとき、最初は思わず「無造作にもほどが!」と心の中で笑ってしまいました。

しゃれっ気ゼロ。でも、お菓子のひとつひとつはていねいに作られている。そう、これがこのお店の世界観なんですよね。

ピリッと辛くて甘いメレンゲをはじめ、ケーキ、プリン、ビスケットなど、どれもが甘すぎず自然な味わい。お料理同様、じっくりと味わいたくなるデザートでした。

このお店はアートだ!

紅茶と食事をいただきながら「このお店はアートだな」と感じました。

商売っ気がなく、静かで、穏やかで、心が洗われる隠れ家空間。手作りの温かみとていねいさを楽しみ、ひとつひとつゆっくりと味わい、今このひとときをじっくり過ごす。

今の社会に、こんな空間がいったいどれほど存在するでしょうか。オーナーさんの世界観や価値観が染み入るように伝わってきます。

おそらく、万人受けするお店ではありません。独特な雰囲気に引いてしまう人もいるかも。(実際、たまたま居合わせた別のお客さんはかなり戸惑っていました)

ここまで読んでいただいて、このお店の世界観に共感した方。何とも言えず気になった方。新潟を訪れたらぜひ行ってみてください。忘れていたものに出会えるかもしれません

こんなときにおすすめ!

  • 少人数で静かなティータイムを過ごしたい
  • 素朴でていねいな非日常空間を体験したい
  • オーナーさんの世界観、価値観に共感する
  • 古民家でおいしい紅茶を味わいたい

ひとりで静かに過ごすのにぴったりのお店です。紅茶を片手に本を読むのもいいかも。没頭できそうです。

また、こういった古民家のカフェは、日本茶やコーヒーを売りにしていることが多いので、紅茶のお店はなかなかにレア。そういった意味でもおすすめです。

注意点としては以下のようなところが挙げられます。

  • 駅から遠い
  • 駐車場がない
  • 料理が選べない
  • 雰囲気が非常に独特

たとえば、デートで無難なお店に入りたいときなどには不向きです。初めてのお客さんが「一瞬出ようかと思った……」と言うくらい、独特の雰囲気のあるお店です。どきどきしながら、非日常の世界観を楽しむつもりで訪れましょう。

また、席について、お冷が来て、メニューを開いて注文……というような、いわゆる普通のお店でもありません。お料理の選択肢がないので、食べられないものがある人はご注意ください。(予約であれば対応してくれそうな気がします)

基本情報

  • 店名: シュガーコート
  • 所在地: 新潟県新潟市中央区西堀通3-802-3
  • アクセス: 新潟駅 徒歩30分 / 白山駅 徒歩20分
  • 営業時間: 11:00~18:00
  • 定休日: 不定休
  • 席数: 20席(?)

(2019年07月09日現在)

席数は筆者がざっくり数えたものなので、目安としてご利用ください。

お休みなど、最新の情報はInstagramを見るのがおすすめです。コンスタントに更新されています。素敵な写真を楽しみたい方もぜひ。

https://www.instagram.com/sugarcoattea1212/